よりを戻す方法 復縁はまだするな! » 復縁とメンタル » より戻すための復縁おまじない!

より戻すための復縁おまじない!


▼彼女に「あなたじゃないとダメみたい」と言わせ、心からの愛を手に入れた復縁法!
⇒知りたい男性はこちら
▼彼氏にたった27日で「オマエじゃないとダメなんだ」と言わせた復縁法!
⇒知りたい女性はこちら

復縁おまじない

よりを戻す時に利用したいのが復縁おまじないです。おまじないは一種の呪いです。人にかけるのであればそれなりの覚悟が要ります。効果があるにせよないにせよ安易な気持ちでは行わないようにしましょう。
 

復縁おまじないを行う時期は新月から月が満ちていく期間にやると効果的です。特にその間の金曜日恋愛関係に効くようなのでよりを戻す場合にはその間に行うのが良いでしょう。
 

穢れを避けるという意味でも生理中のおまじないは禁物です。男性でもケガなどをしている場合には避けた方が良いでしょう。
 

復縁おまじないを行う際には自らを清めることも重要です。塩を一つまみ入れたお風呂に入って部屋も綺麗にして行いましょう。窓を開けて新鮮な空気を入れ換えるのも重要です。
 

おまじないをしている姿は誰にも見られてはいけません。見られた場合には効果が半減します。よりを戻すと強く願っている場合にはなお更です。
 

効果としては即効性はなく忘れた頃にやってくるのでとにかく信じて待ちましょう。よりを戻すおまじないですが最終的んは自分の信じる心が重要となると思います。おまじないばかりに頼りすぎずにプラス思考で考えていきましょう。
 

効き目を上げるためにも使用する道具がある場合には全て新品で行います。自分で調達したものを準備します。
 

そのおまじないを成就させるためにどれだけの犠牲を払えるかというのも重要になります。それだけの思いが大切だということです。効果大の復縁おまじないもあるので注意して行いましょう。
 

強力な復縁おまじない

よりを戻すと強く願っている方に必見の強力な復縁おなじないがあります。方法としては別れた相手の名前を大きく10㎝四方の新聞紙に書きそれを2日間持ち歩きます。
 

3日目にそれを燃やしてその灰を手のひらに乗せます。笑顔でそれを見つめながら「愛しい人、また、またね…?」と呼びかけて灰をふっと吹くのです。
 

これだけで効果は絶大に現れます。年齢を問わず出来るのでよりを戻す時に行って見て下さい。名前を燃やすというのはかなり強力な呪いになります。相手に影響が出やすいので注意して行いましょう。
 

別れた相手の心を呼び戻すおまじないもあります。2cm×15cmの和紙に相手の名前を赤で書いてこよりを作ります。バラの香りをつけて23時にこよりを右手の薬指に蝶結びで留めます。
 

毎晩相手のことを思いながら眠り夢に相手が現れた時に願いが叶うということです。最後によりを戻すおまじないです。これには相手のものが必要になります。写真や相手が持っていたハンカチなどでよいでしょう。
 

ハガキくらいの大きさの白い紙に緑色のペンで「心」と書きそれを細長く折りたたみます。
 

ティッシュのこよりで開かないように結びその上に相手の持ち物を置いてよりが戻るように祈ります。終わったら保存しておきましょう。
 

おまじないは単体で行って下さい。並行して行うと効果が半減してしまいます。相手の名前を書くほどその効果は強力なものとなることを熟知した上で注意して行うようにしましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー